//, スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋, 音楽教室ブログ/エフェクターボードの空きスペースにジャストフィット!?超ミニルーパーのお話!

エフェクターボードの空きスペースにジャストフィット!?超ミニルーパーのお話!

こんにちは!

ルーパーがあったら一日中遊んでいられる満田です!

今回はルーパーのお話をさせて頂きます!

 

【即日発送】Rowin LN-332 Nano Looper ミニサイズ ルーパー

めっちゃ小さい!!!!

 

エフェクターの小型化が進む昨今、とうとうルーパーまでもが極小サイズへ進化致しました!

スペースの問題でコントロールスイッチとボリュームのつまみのみというシンプルな作りになっていますが、練習で使ったりちょっとしたデモンストレーションで実演したりする分にはこれで十分ですね!

 

冒頭のルーパーを用いた演奏もこれを使っています。

このくらいの簡単な演奏だったら余計な機能も要らないので、このシンプルさがありがたかったり。

ストップの動作は2連続で素早く踏まなければならないので少し難しくはありますが、慣れてしまえばシンプル故に非常に扱いやすく、いつまでも遊べる楽しいアイテムです!

 

基本は動画のように「バッキング録音⇨リードプレイ」というような具合で練習用のアイテムとして活用する形になるとは思いますが、つなげ方やアイディア次第ではライブでのパフォーマンスでも活躍してくれますね!

 

以前私がこれを使った時の例をご紹介します。

メインのエフェクターボードの最後のアウトをA/Bセレクターにしておき、片方を通常通りギターアンプに繋いで、もう片方は「ルーパー⇨ボリュームペダル⇨別のギターアンプ」という形で接続させました。

先ほども書いたとおり、ストップのモーションが少し難しくてあまりライブ向けではないのですが、この繋ぎ方で独立したルーパー専用のチャンネルを作り、ボリュームペダルで音量を0にすることでストップもスムーズに行えるようになります。

しかもボリュームペダルを使っているのでバッキングトラックの音量を足元で細かくコントロールしながら演奏できるというセッティング!

若干手間のかかるセッティングなのは否めないのですが、パフォーマンスとしては中々ウケるのでやってみるのも手かと思います!

音数と動きが合わなくてキョロキョロし始めるお客さんもいたり…(笑)

実に面白いアイテムです!

 

アイディア次第で遊びにもライブにも使える超小型機材!

店頭での試奏等も可能ですので、ぜひ一度お試しください!

実際に触ってみたらとんでもないアイディアが生まれるかも……?