中古ギターやベースはメルカリやハードオフで売るより中古楽器買取店へ!

/, 店長徒然/中古ギターやベースはメルカリやハードオフで売るより中古楽器買取店へ!

こんにちは!パプリカミュージック店長の茂木です。
年末の大掃除に向けて楽器を整理したい、または物入りな年末に向けて最近使っていないギターを現金化しておきたい、とそろそろお考えの人もいるのではないでしょうか!?

最近はメルカリなどで手軽に中古楽器を売買出来たり、ハードオフなどのリサイクルショップが街に林立しているので中古楽器売買の選択肢も豊富になってきていますが、今日は敢えて

ギターやベースなどの棹物は楽器店にも買取査定依頼してみるべし!

という内容についてご説明させていただきたいと思います。

当店は小さな店舗ながら年間1000件以上の中古楽器売買を行わせて頂いたり、地元の学生さんやミュージシャンの方達の楽器のメンテナンスなどを行わせて頂いているのですが、強く感じるのはギターやベースのコンディションに関する判定の個人差の大きさです。

理由1. 個人個人でコンディション判定がだいぶ違う

あるお客様は傷は全く気にしないけどネックの反りには凄くシビア、違うお客様はネックは多少反っててもいいけどビビりは絶対嫌だ、また別のお客様はプレイコンディションよりも傷や金属パーツのサビなどの判定がとてもシビア、といった感じで本当に一人一人のニーズが大きく違います。
当店でも販売させて頂いた後にここがどうしても納得いかないから返品させて欲しい、という連絡がくることがあります。もちろんコンディションに関してはシビアに判定、調整させて頂いた上で、です。個人間売買だとこの辺のコンディションの認識の違いで返品などになった場合、返送送料や梱包手間を考えると普通に楽器店に売った方が良かった・・なんてことにも。

理由2.意外と気づかないトラブルを抱えてることがある

ギターやベースなどは見た目では分からない、または分かりにくいトラブルの種を抱えていることがあり、僕らが買取査定する時はそのような箇所を一通りチェックさせて頂いております。
例えばエレキギターのピックアップの断線、アコースティックギターのバインディングの剥がれ、ウクレレのボディー接合部の剥がれ、などです。ピックアップの断線などは完全に音が出なくなってしまっている場合はすぐに分かりますが、若干音がおかしいかも、ちょっと出力弱いかも、レベルの時もあるので気をつけてチェックしてあげないと買取後にピックアップ交換になることもあります。
この辺りもちゃんとチェックせずに個人間売買を行うと後でトラブルになったり、リサイクルショップだとどれくらい危険な状態か、というのが分からないのでとりあえず二束三文で買い取る、という流れになってしまいます。

理由3. リサイクルショップよりも個人間売買よりも高く売れることがある

当店のような中古楽器店では上記のような正確なコンディション判定を行うことでマイナスポイントのコストを割り出すことが出来るのでよく分からないけど危なそうだからとにかく安く買い取る、などということはありません。
また、個人間売買のギターの相場を見てもらえばわかると思いますが、ショップで販売されている価格よりもかなり安いことが多いです。なぜかといえば売る方も買う方も上記のようなコンディション判定をちゃんと相手が出来ているのか不安だからです。
最悪何かトラブルがあっても痛く無い価格での取引になるのでかなり低い金額での取引になっている印象です。
なので実は楽器店に買取してもらう金額と実はあまり変わらない、なんてことも!

 

中古ギターやベースの梱包や配送は意外とハードル高い!?

これはリサイクルショップには関係ありませんが、メルカリなどで個人間売買する時に意外と直面する問題です。
昨年からヤマト運輸が働き方改革の一貫として大型荷物の配送にだいぶシビアな判定を下すようになっており、その他の運送業者も同じようにかなり厳しくサイズ判定を下すようになりました。
エレキギターなどは意外と普通便でいけるのですが、ベースは基本的に全て完全アウトです。
これは僕らもなかなか大変なのですが、個人の方にはだいぶ配送のハードルが高くなってしまったのでは無いかと思います。

ぜひメルカリやハードオフなどで楽器を売ろうかな、と考えている方は上記内容を確認の上、一度中古楽器店に相談してみてください!
実際の金額や手間を考えると楽器店に売った方が断然楽じゃん!なんてことが必ずあると思います。

それでは今日はこのあたりで!

 

→中古楽器買取のご依頼はこちらからお気軽にどうぞ

By |2018-10-12T00:06:12+00:0010月 12th, 2018|中古楽器買取ニュース, 店長徒然|0 Comments