Amptweaker TightMetal

Peavy5150系サウンドのハイゲインディストーションが入荷!

コンパクトエフェクターとしては至れり尽くせりな機能が満載です!

メタルの曲をコピーする時やバンドの演奏等に、歪みの毛色が違いすぎて困った経験はございませんか?

そんなメタラーの方には嬉しい、MIDをガッツリ削ったデスメタル系スラッシュサウンドから、MIDに厚みのあるモダンメタル系のサウンドに簡単に切り替えられるMIDスイッチを搭載し、Toneでは調整不可能な帯域を削る事が出来ます。

メタルの中でもジャンルが細分化され、サウンドが多様化していく中、ざっくりと音色を変える事が出来る機能は嬉しいですね。

さらに!ハイゲイン系の大敵、ノイズを消す事が出来るノイズゲートを搭載し、ハイゲインセッティングでもノイズの心配はございません。ゲートのかかり具合は調整可能です。

その他には、センドリターンを搭載し、ヴィンテージエフェクター等を使用しても、エフェクトオフ時の音痩せを解消する事が出来ます。

acアダプターでもお使い頂けますが、9V電池でも使用可能です。

ac電源は9V~18Vまでの駆動サポート。

一般的に、歪みエフェクターは高電圧で駆動させた方がヘッドルーム(入力信号の許容量)に余裕が出来るため、余計な歪み方をせず、より良い音になると言われております。

個人的に歪みエフェクターは、18V等高い電圧で駆動させた方が音にハリや元気が出て、レンジが広くなったように感じるため、18Vでの駆動がオススメです。(18V対応エフェクターのみ)

ノイズや音痩せに悩んでいた方、質や使い勝手が良いディストーションをお探しの方、Peavyサウンドが好きな方等、ハイゲイン系ギタリストにはぜひ試して頂きたいエフェクターです。

 

71420163

 

 

↓詳細画像、ご購入はこちら

【即日発送】Amptweaker TightMetal【直輸入】

 

By | 2014-07-13T11:10:20+00:00 7月 12th, 2014|スタッフブログ, ニュース|0 Comments