//Tag:Jazz
3 12, 2017

Grecoのヴィンテージセミアコ!SA-900の試奏動画と満田的セミアコのセッティング!

By | 2017-12-03T18:54:07+00:00 12月 3rd, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! 実はサンバーストのセミアコが1台欲しくて堪らない満田です。 今回はそんな私の欲望を刺激しにやってきたGrecoのセミアコをご紹介!   【Greco SA-900】です! 画面越しにでもそのサンバーストの美しさが伝わるでしょうか。 トラ目の質感も相俟って中々に存在感のある渋い佇まいをしております! シリアルやその他の仕様から1979年製のもののようで、綺麗な見た目ながらヴィンテージ特有の「枯れた」弾き心地がありますね〜!   [...]

29 11, 2017

本家Gibsonにも負けないクオリティ!?Epiphone ES-175のお話

By | 2017-11-29T20:30:41+00:00 11月 29th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! 最高のインテリアはGibsonのフルアコだと思っている満田ですm(_ _)m 今回は私が最初に手に入れたフルアコのお話を...   私が初めて手にしたフルアコはES-175です。 但しGibson製のものではなくEpiphone製の廉価版になります。 Epiphone製ながらヘッド裏にカスタムショップの印が入った個体です。 そして、まだ私がお客として通っていた頃にパプリカミュージックにて出会った思い出のギターでもあります。   [...]

29 11, 2017

Mike Stern(マイク・スターン)氏ライブレポート!

By | 2018-05-19T16:14:35+00:00 11月 29th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! Mike Stern氏の大ファン、満田です! 以前彼のライブに行って実際に見たことテーマに今回は書かせていただこうと思います。   では本題の前にMike Stern(以下スターン)氏がどんなプレイヤーなのかをお話致しましょう。 基本的な括りで見るとジャズ・フュージョン系のギタリストです。 非常に独特な作曲センスを持っており、半音階を多用した常にアウト感を漂わせるスリリングな楽曲が特徴的でしょうか。 一度聴けばその"スターン節"のクセの強さが非常によく分かると思います。 [...]

25 11, 2017

George Bensonとフルアコのお話

By | 2017-11-25T18:41:56+00:00 11月 25th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! 家ではフルアコばかり弾いている満田です。 そんな私のフルアコセンサーに引っかかったアルバムについてのお話を…… 『George Benson & Earl Klugh - Collaboration』 [...]

24 11, 2017

満田の使用弦のお話

By | 2017-11-24T20:23:09+00:00 11月 24th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! ジャズギター用の弦としてとある弦を推しまくっている満田です。 その弦とは……   Elixirです! 圧倒的に長寿命なことで有名ですね。 たまに耳にする「Elixirの弦は音が良くない」という噂がありますが、それは適切な評価ではないと思っています。   例えばD'AddarioやERNIE BALL等の他社製弦とElixirを同じゲージで比較してみるとElixirの方が気持ちテンションが強いんですよね。 [...]

24 11, 2017

Summertime / George Gershwin のお話

By | 2017-12-03T19:25:57+00:00 11月 24th, 2017|ギター教室ブログ, スタッフブログ, 東京店ブログ, 満田のJAZZの部屋, 音楽教室ブログ|0 Comments

こんにちは! Summertime大好き満田です! 夏季期間中の標準時変更制度のことでは勿論ございません(^_^;)   現在東京店にて販売しているGibson Les Paul Studioの試奏動画を撮影しまして...... 前々からジャズで使えそうな感触があったので思い切って大好きなSummertimeを即興ソロギターで弾いてみました! 普通にスウィングしてもよかったのですがなんとなくダークな気分だったのでこんなグルーヴに...... [...]

15 04, 2017

ソリッドギターでジャズ

By | 2017-04-17T13:59:10+00:00 4月 15th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! EpiphoneのハコモノにGibsonのピックアップを乗せるのが大好きな満田です。 今回は先日とあるジャズセッションでお借りしたギターのお話をしたいと思います。   お借りしたギターはSquierのテレキャスターだったのですがフラットワウンド(恐らく011からのゲージ)が張られていました。 最初は「これで思うような音色が出せるだろうか?」という若干の不安があったのですが、いざ使ってみるとこれが中々良い音がするんです。 トーンは2〜4の間で調整していたでしょうか。 上手い具合にバンドに溶け込んで、主張する時は主張出来る良い具合のサウンドでした。   ソリッドギターにフラットワウンドという組み合わせは前々から試してみたいと思っていたのですが、いざ試してみると想像していたよりもずっとしっかりとしたジャズトーンになりました! [...]

1 04, 2017

ジャズとローズピアノのお話

By | 2017-04-14T10:39:27+00:00 4月 1st, 2017|スタッフブログ|0 Comments

バップ大好きギタリストの満田です! 先日とてもグルーヴィなアルバムを手に入れたお話を... アルバムのタイトルはその名も「BOP」!! クールなコードチェンジが印象的なフュージョン系キーボーディストのJeff Lorberの作品です。 参加メンバーもフュージョンやコンテンポラリー・ジャズの界隈で活躍している演奏者ばかりですね。 内容としては全編スタンダードナンバーで、このテクニカルなメンバー達が揃いも揃って素直で王道なバップフレーズを弾きまくるある意味珍しい演奏内容になっています。 クレジットを見るとLorberのパートは「Keyboard」ではなく「Rhodes」と書いてありますね。 そう、このアルバムではLorberはローズピアノしか使ってないんです。 エレピが入ることでフュージョン臭くなるかと思いきやそこは流石のJeff [...]