ボリュームペダルの重要性と役割

/, 東京店新着, 満田のJAZZの部屋/ボリュームペダルの重要性と役割

こんにちは!

ボリュームペダル無しでは生きていけない満田です!笑

今回は私が最も気に入っているエフェクターであるボリュームペダルについて語らせていただこうかと思います!

 

ボリュームペダルはワウペダル同様ペダル状のエフェクターです。

踏み込み具合によってボリュームをコントロールできるアイテムになっております。

名目上エフェクターという扱いですが、実際にやっていることは手元のボリューム操作と大きくは変わらず、エフェクトを追加するような役割は持っていません。

 

と、これだけ書いてしまうとあまり実用性がなさそうな感じに見えてしまいますよね(^_^;)

でも実際に足元に有るのと無いのとでは全然違うものなのです!

それについてご説明致します。

 

 

基本は前述の通りボリューム調整機能をメインとして使います。

ここでよくあるツッコミが「ボリューム調整なんて手元でやればいいじゃん!」というものなのですが……

確かにアンプ接続可能な楽器には同様の機能が既に備わっていることが殆どです。

であればそれを使えばいい事、という考えになるのも分かります。

しかし、実際に演奏する場面だとどうでしょう。

ボリュームコントロールを手元で行うということは、つまりその瞬間コントロールに使った手は演奏に使えなくなるということです。

音楽において一瞬の間というものは大きく影響します。

一瞬弾けなかったせいで何か妙な間が出来た、なんて場面は意外と少なく無いものです。

勿論非常に上手く調整しながら演奏する方もいらっしゃいますが、そういう場面においてこのボリュームペダルが役に立つのです。

何故なら両手を演奏のために使ったまま足でボリュームをコントロールできるからです。

これによって違和感のある間の発生も防げますし、実際に弾きながら的確にボリュームを変化させることも出来ますよね。

これは特に編成が少なくなればなるほど重要な要素になってきます。

 

もう一つ便利なポイントがあります。

機能から考えて当然の仕様ではありますが、ボリュームを0まで絞ることによりそれ以降への出力を止めることが可能です。

つまりアンプの電源を切ったりスタンバイ状態にしたりしなくてもボリュームペダルより前に繋がれた機材が交換可能になるということです。

あくまでも機能の副次的な効果の利用ではありますが、複数の楽器を使い分けるプレイヤーにとっては非常に楽で便利な機能ですね!

私も実際に2種類ほど使い分けることも少なく無いのですが、ボリュームペダルの活用により交換もスムーズです。

 

そして更にこれはオマケ的要素ですが、足台としても丁度良かったりするんですよね笑

有名どころだとLarry Carlton氏がよく右足をボリュームペダルに乗せたままの姿勢で弾いていますね!

中々安定した姿勢で弾くことが出来、更には素早くボリュームコントロールも出来るので、演奏性の向上にしっかり貢献してくれるのです!

 

Larry氏が使っていたことで有名なボリュームペダルが丁度東京店に入荷したので宣伝させて頂きます笑

 

 

 

 

【パプリカミュージック東京店】

〒131-0032

東京都墨田区東向島1-4-7 マツカゼビル1階

TEL:03-6657-1050

By |2018-04-27T20:22:47+00:004月 27th, 2018|スタッフブログ, 東京店新着, 満田のJAZZの部屋|0 Comments