パプリカミュージックの茂木です。

今日はたまにある悩み、YAMAHAのBroad Bassなどのベースに使われているYAMAHAオリジナルのペグがゆるくなってきてチューニングしてもすぐに下がってしまう、という症状を改善する為のメンテナンス方法です。

YAMAHAはベースに限らずオリジナルのパーツが使用されていることも多く、代替えパーツを取り付けようとすると加工が必要だったり、見た目が変わってしまったりでどうしようか迷うことも多いのではないでしょうか?

当店でもなるべく見た目が変わらないようにオリジナルのパーツを維持、またはオリジナルに近いパーツに交換するように心がけているのですが、YAMAHA製のギターやベースはパーツだけで手に入らなかったり、細かなパーツ一つも代替えが効かなかったりすることがあるので、うーん、、、となってしまうことも多いです。

今回のBroadBassシリーズなどもこのオリジナルのペグが緩い、という症状が出ていることが多く、交換するかなんとかするか、でいつも迷ってしまう機種です。

で、本題に入りまして、交換する前に一度ご確認いただきたい箇所が以下

写真の右の赤丸部分、ペグボタンの付け根付近に小さな穴の開いたパーツがあります。
このパーツ、正常な状態では多少強く触っても全く動かない状態なのですが、緩くなってしまっているペグの場合、ここのパーツを触ると簡単に回るような状態になってたりします。

ペグボタンを回す時に一緒に動いたりはしないのでこのパーツのみを触ってみてください。
そしてもし動いてしまうようであれば時計回りに回してみてください。

ある程度回すと動かなくなるポイントがあるはずですのでそこまで締めていきます。

その状態でもう一度ペグを回してみてください。

 

あら不思議、ペグの動きが硬くなっているはずです!

 

ペグ交換かー、、と落ち込む前にぜひ一度お試しください!

 

それでは!