こんにちは!

ジャズギター用の弦としてとある弦を推しまくっている満田です。

その弦とは……

 

Elixirです!

圧倒的に長寿命なことで有名ですね。

たまに耳にする「Elixirの弦は音が良くない」という噂がありますが、それは適切な評価ではないと思っています。

 

例えばD’AddarioやERNIE BALL等の他社製弦とElixirを同じゲージで比較してみるとElixirの方が気持ちテンションが強いんですよね。

音色も比較的丸い印象で、D’AddarioやERNIE BALLのようなブライト感はありません。

そこがポイントで、つまりはロックやポップスにはマッチしないサウンドということなのでしょう。

「音が良くない」のではなく「音が合わない」と表現すべきところであるように感じます。

 

Elixir弦の「テンションが強く丸い音色」という特徴はジャズにハマってくれるんです。

Gibson ES-335やEpiphone DotなどのセミアコやGrassRootsのレスポールタイプ等フルアコ以外のエレキギター全てにElixir弦を使用していますが中々にしっくりくるサウンドで気持ち良く弾けますね。

特にGrassRootsのレスポールタイプがElixirを張っただけでジャズサウンドに変化したのが面白かったです(笑)

 

フルアコはD’Addarioのフラットワウンド弦を張って、プレーン弦だけElixir弦に交換しています。
これもまた中々好相性!

個人的にD’Addarioのワウンド弦とプレーン弦の音色の差に若干の不満があったのですがプレーン弦をElixirにすることでうまく解消されました。

 

サウンドもお気に入りなのですがコスパも抜群に素晴らしいのが嬉しいところなんですよね。

驚くべきことに張り替えてから1年くらいは全然に問題なく使えちゃうんです!

ジャズにピッタリなサウンドでお財布にも優しい!

気に入らない理由がないですね(笑)

 

ちなみに使用している弦のゲージについてですが

セミアコやレスポールタイプ等のミディアムスケールのギターには011~049、テレキャスターやストラトタイプ等のレギュラースケールのギターには010~046のセットを使っています。

フルアコは012~052のフラットワウンド弦のセットです。

気になる方は一度試してみてください!

 

勿論各種パプリカミュージックでも販売しておりますのでどうぞご覧ください!

Elixir NANOWEB 12102 (011-049)

Elixir NANOWEB 12052 (010-046)

D’Addario ECG25 (フラットワウンド012-052)

Elixir 13016 (バラプレーン弦 016)

Elixir 13012 (バラプレーン弦 012)