こんにちは、パプリカミュージック店長の茂木です。

最近2日に一回ペースでブログが書けていて楽しいです。

今日はお客様からGodinのエレキウクレレの1弦の音が出なくなってしまった、というSOSを頂き、状態チェックと処置を行わせてもらいました。

まず状態を確認すると、

 

ん?

 

弦を張ると音が出なくなって弦を外してサドルを軽く叩くと音が出ます。
ピエゾピックアップの音が弱かったり音が出なかったりする場合は大抵圧力不足で、強く押さえてあげると音が出るけど離すと音が出なくなる、という症状が多いのですが、、
これは一体。

というわけで一旦サドルを外してみたのですが、詳細を確認するためにはサドルを止めている金属のパーツを一度変形させなければならないような状態な上に一度変形させたら元に戻せなそうな雰囲気でしたのでここはいじらず。

そのままの状態でサドルの可動部の動きと音の関係性を確認したところ、どうやらサドルのパーツが本来下がっていい高さ以下まで下がってきてしまっており、その時に触れてはいけない金属同士が触れて音の成分が全部ノイズを逃す為の回路に持って行かれてしまって音が出なくなってしまっているような印象でした。

なので、下がりすぎてしまっている部分の隙間に爪楊枝を挟んで音を出してみました。

結果、

 

音が出るようになりました。

 

今回お客様から近々で使う予定があるからなんとか音を出るようにして欲しい、というご依頼のため、とりあえず応急処置としてこのような作業を行いましたが、もしGodinのエレキウクレレで同じような症状が出てしまっている方がいたら、ここの部分はパーツ交換してあげた方が良いかと思います。パーツの構造的にいじってどうこうというのは難しそうです。

 

また、非常にシビアな部分なのでなるべくご自分で触れずにお近くの楽器店やリペア専門店、またはメーカーに直接修理依頼するのが良いかと思います。

 

とりあえず明日また音を出してみて経過確認、問題なければお客様にお渡しという流れになりました。
なんとかライブだけ乗り切ってくれれば嬉しいです。