楽器の試奏って何を弾けばいいの!?中古楽器買取販売に関するコンディションチェックのお話。

///楽器の試奏って何を弾けばいいの!?中古楽器買取販売に関するコンディションチェックのお話。

こんにちは!

何故かテレキャスター収集欲が治まらない満田です。

最近展示スペースのテレキャスター達がこっちを見ているような気がして落ち着きません……

今回はそんな私の心の声をちょっと吐き出しつつ中古楽器のお話を改めてさせて頂きます!

 

 

パプリカミュージックでは中古楽器の買取業務を行っておりますので、査定時の状態チェックや商品化時の最終調整などでギターを試奏するタイミングが多くあります。

それがまさに悩みの種で、何かと言いますと楽器購入欲の刺激が日常に満ち溢れてしまっている、ということなのですw

今私は相棒とも呼べるギターがいますので、大概の場合は我慢できるのですがたまにドストレートに心に訴えかけてくる強者達がいるので油断なりません。

しかも最近はテレキャス集めたい病を発症しているので、テレキャスタータイプが持ち込まれた時は警戒レベルをMAXに引き上げてコンディションチェックに臨んでいます。

あ、勿論査定やコンディションチェック自体は真面目にやっているのでそこはご安心ください!

 

 

さて、コンディションチェックというワードが出た(というか出した)ので、この機会に中古楽器のチェックポイントを私なりに書かせて頂きます。

皆様が中古楽器を買う、或いは売る時の参考になれば幸いです。

 

 

コンディションチェックについて

 

見た目のチェック

一目見て分かるような目立つ傷や異常がないか、ということですね。

楽器は工芸品としての側面も持っているため、傷等の損傷が価値に影響することがあります。

ただしレリック加工といった存在があることからも分かる通り、使い込まれた痕跡に価値を見出すユーザーもいらっしゃるため、「使用感=悪いもの」とは一概には言い切れないのが難しいところではあります。

最近の事例だとGibson L-50の使用感は実に素晴らしい雰囲気を醸し出しており、実際にそれを気に入ったお客様が購入してくださいました。

 

たまんない使用感ですね〜!

 

 

プレイコンディションのチェック

楽器である以上一番重要なポイントですよね。

弦振動や電装系等、その楽器が音を出す上で重要な部分に異常があれば当然演奏性は低下、最悪の場合は演奏が不可能という状態になります。

そのため実際に弾いてみてちゃんと演奏ができるのかを確かめる必要があります。

チェックの結果によってメンテナンスが必要か否か、必要な場合どういった作業が必要か、というポイントをまとめます。

また、商品化の際はチェックした情報を元に、可能な限り演奏上最も良いコンディションになることを目指して調整していきます。

この時に試奏が必要になるため、私の楽器購入欲が刺激されてしまう訳なのです。

 

 

 

試奏とは

タイトル回収が遅くなりましたがそもそも試奏って何するの?って話ですよね。

これは実際に楽器購入の際にも重要なポイントになるので是非お読み頂きたいところです!

 

私が思うに試奏には2つあります。

具体的に言うと『演奏性を確かめる試奏』と『コンディションを確かめる試奏』です。

結局試奏なので特に意識せずに両方実行している方は結構いらっしゃると思いますが、これが意識できていると「試奏って何をすればいいのか分からない」ということは無くなるかと思います。

 

演奏性を確かめる試奏

実際の演奏場面を想定して、サウンドや弾き心地をチェックする試奏です。

つまり自分がよく演奏する曲やフレーズを弾いて、しっくりくるかどうか確かめるということですね。

これに関しては人によってスタイルが異なるため、何を弾くかは自由です。

注意するべきポイントとしては、少しでも違和感があったらその違和感の原因を探る必要がある、ということです。

単純にセッティングの問題である場合もあれば、そもそもコンディションに問題がある場合もあります。

 

コンディションを確かめる試奏

その楽器に演奏上の問題が本当にないか確かめる最終チェックの試奏です。

弾き慣れた曲やフレーズでは見落としがある可能性もあるため、全箇所を片っ端から弾いてチェックします。

かなり地味な作業なので人前でやる時は抵抗があるかもしれませんが、ここは念入りにやりましょう。

音詰まり等の違和感を見つけた場合、修正が可能かどうか、修正した場合に演奏性に大きな変化はないか、という部分も確認します。

 

 

満田的試奏スタイル

お店として買取する時のチェック方法は淡々としていて面白くないと思いますので、購入者としての場合で書いてみます!

当ブログをお読み頂いている方は御存知であると思いますが、私はジャズをメインで演奏するギタリストですので、基本的にはジャズのスタイルに合う楽器かどうかに主眼をおいて試奏します。

運指の際にストレスが少ないのは大前提として、特に重要視しているのは

①フロントピックアップの丸い良い音が出せるか

②親指でオクターブ奏法をした時に好みの音が出るか

③複雑なボイシングのコードがスムーズに弾けるか

④ピックでカッティングした時にある程度の歯切れは出せるか

というようなところでしょうか。

 

フュージョン等一部例外はございますが、ジャズではフロントピックアップの使用が基本になるので①は必須条件です。

私はアンプ側フラット、フロントのトーン7で丸い音が出るギターを特に好んでいます。

 

②もついでにチェック可能なのでただ①の確認のあとにWesスタイルのオクターブ奏法で弾くだけですが、これに関しては右手が本体に置きやすいかどうかもポイントになってくるので重要なところだったり。

 

③で重要になるのはネックの形状と弦間ピッチでしょうか。

シングルノートやオクターブがスムーズに弾けてもバッキングのバリエーションを出せないと使うのが難しいのでここも念入りにチェックします。

 

④に関しては、丸い音と一緒に求めるのは難しいように思われるかもしれませんがES-335やテレキャスターのようなギターは条件にピッタリ当てはまりますね!

フルアコのようにカッティングでの使用を想定しない楽器は妥協する場合もあります。

 

そしてコンディションチェックも行うため、上から下まで全フレットのチェックをします。

弾いてて楽しくなるようにコンディミやクロマチックスケールを絡めたコンテンポラリーなフレーズで各ポジションを細かくチェックし、ネタが尽きてきたら開き直って素直に半音ずつ確認しますw

 

その他細かく色々確かめたりするのですが、上記の条件にピッタリ当てはまり、弾いた時の直感でビビっとくるものがあればある程度妥協してしまう部分もあります。

 

 

 

ということで中古楽器に関するお話でした。

楽器を購入、もしくは売却される時の参考になれば幸いです!

冒頭でも申し上げました通り、パプリカミュージックでは中古楽器の買取を行っておりますので、楽器をお売りになる際は是非ご利用ください!

本店である茅ヶ崎店の他に、平塚店にあたるパプリカミュージックスタジオでも買取・査定のご依頼を受け付けております!

また、最近LINEでの査定サービスも開始致しましたので、そちらも併せてご利用頂ければと思います!

 

 

お読み頂きありがとうございました!

 

 

 

 

パプリカミュージック 楽器買取HP

 

 

By |2018-11-01T19:25:45+00:0011月 1st, 2018|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments