ジャズ

/Tag: ジャズ
29 11, 2017

Mike Stern(マイク・スターン)氏ライブレポート!

By |2018-05-19T16:14:35+00:0011月 29th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! Mike Stern氏の大ファン、満田です! 以前彼のライブに行って実際に見たことテーマに今回は書かせていただこうと思います。   では本題の前にMike Stern(以下スターン)氏がどんなプレイヤーなのかをお話致しましょう。 基本的な括りで見るとジャズ・フュージョン系のギタリストです。 非常に独特な作曲センスを持っており、半音階を多用した常にアウト感を漂わせるスリリングな楽曲が特徴的でしょうか。 一度聴けばその"スターン節"のクセの強さが非常によく分かると思います。 [...]

25 11, 2017

George Bensonとフルアコのお話

By |2017-11-25T18:41:56+00:0011月 25th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! 家ではフルアコばかり弾いている満田です。 そんな私のフルアコセンサーに引っかかったアルバムについてのお話を…… 『George Benson & Earl Klugh - Collaboration』 [...]

24 11, 2017

満田の使用弦のお話

By |2017-11-24T20:23:09+00:0011月 24th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! ジャズギター用の弦としてとある弦を推しまくっている満田です。 その弦とは……   Elixirです! 圧倒的に長寿命なことで有名ですね。 たまに耳にする「Elixirの弦は音が良くない」という噂がありますが、それは適切な評価ではないと思っています。   例えばD'AddarioやERNIE BALL等の他社製弦とElixirを同じゲージで比較してみるとElixirの方が気持ちテンションが強いんですよね。 [...]

24 11, 2017

Summertime / George Gershwin のお話

By |2017-12-03T19:25:57+00:0011月 24th, 2017|ギター教室ブログ, スタッフブログ, 東京店ブログ, 満田のJAZZの部屋, 音楽教室ブログ|0 Comments

こんにちは! Summertime大好き満田です! 夏季期間中の標準時変更制度のことでは勿論ございません(^_^;)   現在東京店にて販売しているGibson Les Paul Studioの試奏動画を撮影しまして...... 前々からジャズで使えそうな感触があったので思い切って大好きなSummertimeを即興ソロギターで弾いてみました! 普通にスウィングしてもよかったのですがなんとなくダークな気分だったのでこんなグルーヴに...... [...]

24 11, 2017

小型ボードのご紹介!

By |2017-11-24T14:28:06+00:0011月 24th, 2017|スタッフブログ, 東京店ブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! 最近はマイク・スターンにハマりっぱなしの満田です!   今回は私が愛用している機材のお話をさせて頂こうと思います! 紹介するのはこちらの小型ボード! ボード本体は某100円ショップのお盆で、なんとギターケースのポケットに収まるナイスなサイズなのです! ちょっとしたセッションやリハーサルに持ち込む時に非常に便利!   ギター → [...]

15 04, 2017

ソリッドギターでジャズ

By |2017-04-17T13:59:10+00:004月 15th, 2017|スタッフブログ, 満田のJAZZの部屋|0 Comments

こんにちは! EpiphoneのハコモノにGibsonのピックアップを乗せるのが大好きな満田です。 今回は先日とあるジャズセッションでお借りしたギターのお話をしたいと思います。   お借りしたギターはSquierのテレキャスターだったのですがフラットワウンド(恐らく011からのゲージ)が張られていました。 最初は「これで思うような音色が出せるだろうか?」という若干の不安があったのですが、いざ使ってみるとこれが中々良い音がするんです。 トーンは2〜4の間で調整していたでしょうか。 上手い具合にバンドに溶け込んで、主張する時は主張出来る良い具合のサウンドでした。   ソリッドギターにフラットワウンドという組み合わせは前々から試してみたいと思っていたのですが、いざ試してみると想像していたよりもずっとしっかりとしたジャズトーンになりました! [...]

13 04, 2017

Chuck Loebの愛用品…?

By |2017-04-14T10:38:52+00:004月 13th, 2017|スタッフブログ|0 Comments

Chuck Loeb大好きギタリストの満田です。 彼にTwitterでフォローされていることが密かな自慢だったりします(・ω・)   先日「ジャズとローズピアノのお話」でご紹介したJeff Lorberのアルバムでギタリストとして参加しているChuck Loebに関するお話しです。 以前彼の演奏を東京のCotton Clubで見た時のことなのですが、ステージ上の彼の物置台にとあるものが散乱していました。   [...]

12 04, 2017

ジャズとD’Aquistoのお話

By |2017-04-14T10:39:00+00:004月 12th, 2017|スタッフブログ|0 Comments

こんにちは。 最近ようやくトーン全開主義から卒業した満田です。 今回は成長を遂げた私のトーン事情も交えつつとあるギターを紹介したいと思います。   「D'Aquisto DQ-NYE」!! ボディシェイプやS字のホールに見られる曲線美が実にたまらないフルアコ! 憧れを抱いているジャズギター弾きの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ちなみに私は猛烈に憧れています(笑)   [...]

1 04, 2017

ジャズとローズピアノのお話

By |2017-04-14T10:39:27+00:004月 1st, 2017|スタッフブログ|0 Comments

バップ大好きギタリストの満田です! 先日とてもグルーヴィなアルバムを手に入れたお話を... アルバムのタイトルはその名も「BOP」!! クールなコードチェンジが印象的なフュージョン系キーボーディストのJeff Lorberの作品です。 参加メンバーもフュージョンやコンテンポラリー・ジャズの界隈で活躍している演奏者ばかりですね。 内容としては全編スタンダードナンバーで、このテクニカルなメンバー達が揃いも揃って素直で王道なバップフレーズを弾きまくるある意味珍しい演奏内容になっています。 クレジットを見るとLorberのパートは「Keyboard」ではなく「Rhodes」と書いてありますね。 そう、このアルバムではLorberはローズピアノしか使ってないんです。 エレピが入ることでフュージョン臭くなるかと思いきやそこは流石のJeff [...]